宇治市でお風呂の水垢除去

京都府宇治市でお風呂の清掃をしてきました。
浴槽
こちらが清掃前の画像です。浴槽が真っ白になってますね。
特に黒色の浴槽なので、よく目立ちます。

この白いのは、水垢です。お風呂を使用した後の水が残りそれが乾いて白く塊になります。
この状態になると、手で触るとザラザラするぐらいです。
地域によって、水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムの量が違うので、多い地域だと水まわりが白く水垢汚れがつきやすいです。

よく、ハウスクリーニングのサイトなどを見ていると、水垢はクエン酸やお酢で掃除すると綺麗になります!と書いてありますが、それは、あくまでも軽い水垢汚れに有効であり、ここまで白くなっているのには全く歯が立ちません。

最初、そのままプロ用の水垢にきく洗剤を塗りましたが、水垢が柔らかくなるまで数時間もかかるのでは?とおもうほど変化がおこりませんでした(笑)
なので、作業方法をかえることにしました。

石化してしまった水垢をある程度削ることにしました。塊になっていると洗剤の反応が悪いので、塊をできるだけ取り除くと、その後洗剤を塗ると汚れが取れやすいです。
画像の説明
水垢の塊になっているのを削り、その後プロ用の水垢除去剤で綺麗にしました。
水垢の塊を削るのに使った道具は、専用の道具を使っていますので、刃物や鉄製の硬いものなどで削らないでくださいね。浴槽に傷がつきます。

お風呂の白くなる水垢汚れをつきにくくするには、お風呂を使用されたあと、濡れたまま放っておくのではなく、ワイパーで水をきっていただくか、タオルで拭き取っていただくと汚れにくくなります。

特に、壁などの縦の面は水が流れていきますが、床や浴槽の上、など水の残りやすい所をとくに拭いて、浴室乾燥機をつけて浴室内を乾燥させると、汚れにくくなります。

京都でハウスクリーニングエアコンクリーニングはエスエイチクリーンへ!http://sh-clean.jp